【鹿北ゴルフ倶楽部】「隠れ家」コースでほっこり湯ったり

総ひのき造りでぬくもりが伝わってくるクラブハウス
総ひのき造りでぬくもりが伝わってくるクラブハウス
写真を見る
総ひのき造りのクラブハウス
総ひのき造りのクラブハウス
写真を見る
左サイドが池になっている9番
左サイドが池になっている9番
写真を見る
地価1600メートルから湧き出す天然温泉のお風呂
地価1600メートルから湧き出す天然温泉のお風呂
写真を見る
コースデビューを果たした坂田明優くん(中央)と鹿北GCのスタッフ
コースデビューを果たした坂田明優くん(中央)と鹿北GCのスタッフ
写真を見る
変則2段グリーンの8番
変則2段グリーンの8番
写真を見る
人気のステーキフェア
人気のステーキフェア
写真を見る

 欲張りなアナタにぴったり! 福岡との県境に近い熊本県山鹿市の鹿北(かほく)ゴルフ倶楽部(GC)は美観と戦略性を兼ね備えた、知る人ぞ知る“隠れ家”コースだ。総ひのき造りで何とも言えない心地よい安らぎを与えてくれる希少なクラブハウス。対照的にプレーはメンタル、スキルを含めた真のゴルフ力を問われる。加えて良心的な料金設定とくれば、高いコストパフォーマンスで評判なのもうなずける。

西スポ×GDOタイアップ特別プランやご要望に応じたゴルフ場を紹介!

↓ゴルフ場予約はこちらから↓

0570-097-562

→【鹿北ゴルフ倶楽部】ゴルフ場予約カレンダー

木の素材を生かす

 山里で見つけた明かりのような、ホッとした気分にさせてくれる。クラブハウスに入ると、ロビーはヒノキの香りに包まれていた。「足を運んでくださった方にくつろいでいただけるよう、木の素材を生かした照明やレイアウトを心掛けています」。笑顔で案内してくれたのは管理課長の飛松美智代さんだ。「地下1600メートルから湧き出す天然温泉もぜひ味わってくださいね」。安らぎの一言で、初めて訪れた鹿北の印象はプレー前から二重丸となった。

 着替えてインから出た。最初の数ホールを回ったところで実感した。「簡単じゃないな」-。落としどころが絞られたフェアウエー。11番(パー4)は1打目で右OB。くぼ地になった左に打つとグリーンを狙いにくくなるため、つい右を向いてしまいがちだ。その“わな”にはまった。続く12番(パー5)は2打目を右OB。真っすぐ飛んだ第1打を大事にしようとして、当てにいく悪い癖が出た。極め付きはアウトの3番(パー5)。つま先下がりで右に飛び出しやすいのが分かっていて右OBを打った。

地下1600メートルから温泉

 距離を犠牲にしても方向性重視が賢明だ。でも、距離が出ない人は…。「やっぱり方向性が全てですよ。そのためにはアドレスでの体の向きを間違えないことが大切です」。伝統校、熊本工高出身の元球児、石橋勝也支配人(42)が182センチ、90キロの立派な体の上で柔和な笑みを浮かべた。「コースは決して広くはありませんが、きっちり打てればスコアは出ます。我慢すればチャンスも来ますから」。バンカーの数は全体で40個ほど。その多くがインに集中している印象だ。スタート前の心地よい安らぎが一瞬にして吹っ飛ぶ手ごわさ。イン55、アウト48であっさり100オーバー。原稿を書きに来たのに恥をかく結末となった。

ジュニア料金2160円

 打ちのめされてクラブハウスに戻ると、親子の笑顔が目に入った。福岡県久留米市の会社員、坂田歩治さん(43)は息子の明優君(8)と一緒にラウンド。明優君は「コースデビュー」だったという。「以前会社のコンペで鹿北にお邪魔したとき、ジュニアの料金が2160円と知りました。良心的ですよね」。ホールアウト後の温泉、特に露天風呂も明優君にとって楽しかった様子。親子で充実のひとときを過ごしていた。ちなみに彼のスコアは目標の200切りを見事にクリアする191。「これは抜かれるのも時間の問題だな」と妙に納得しつつ、こちらは一人湯船に身を沈めて反省会を決め込んだ。

手ごわい「変則2段グリーン」

 メンバーや常連でも手こずるのが鹿北特有の2段グリーンだ。向かって手前側に段があり、そこから下ってまた段になる「変則タイプ」が多く、アウトだと8番(パー3)=写真=が印象的。見た感じ穏やかだが、グリーン面に上がると特徴がよく分かる。各ホールに共通しているのが微妙な傾斜。ピン位置次第ではカップに対して直角に向いて立つことも珍しくはない。

 取材日のグリーンコンディションは速さが9フィートで、コンパクション(グリーン面の硬さを表す指標。一般的には20前後)は22だった。キーパー歴24年の大ベテラン鳥飼広信さん(60)によると「年間平均で9フィート前後のスピードを維持したい」という。耐暑性と耐病性の強い芝を作るため根を伸ばす作業にも取り組んでおり、さらなるクオリティーアップに期待がかかる。

人気のステーキフェア

 ハードなコースを克服するには昼食でのエネルギー補給も大切だ。メニューは充実しており、ガッツリ系にお薦めなのが「牛スタミナ焼き定食」(1580円)。人気の「チキン南蛮定食」(1100円)は鶏肉が細かくカットされており食べやすい。ファンのリクエストに応えて復活した「鹿北特製ちゃんぽん」(1100円)は寒い今の時期にぴったり。毎週月曜日の「ステーキフェア」は食事代込みの6760円でプレーできるとあって大人気。3月末まで実施している。


ホテルセキアとの提携プランも好評

 宿泊施設と提携した特別プランも好評だ。ゴルフ場から車で約40分の「リゾート&スパ ホテルセキア」=熊本県南関町=は鹿北GCと同じグループ。ニーズに合わせて幅広く利用でき、例えばプレー後にホテルへ移動して温泉、表彰式、親睦会などを行うコンペでも威力を発揮している。

 

鹿北ゴルフ倶楽部概要

 1998(平成10)年10月にグランドオープン。吉崎満雄氏が設計した丘陵コース。ベント芝のワングリーン。コースレートはバックティー72.5、レギュラーティー70.6

練習場

 昨夏にリニューアルし、全長260ヤードと広々としている。12打席で25球、300円

所在地

 熊本県山鹿市鹿北町岩野1259の2

車でのアクセス

 福岡方面からだと、九州自動車道の広川か八女のインターチェンジ(IC)で降り国道3号を通ってコースまで各約40分。熊本方面からは植木ICを利用して同じく国道3号でコースまで約40分

鹿北ゴルフ倶楽部への問い合わせ

 電話は0968(32)3888、ファクスは0968(32)2796

  ※金額は税別表示

→【鹿北ゴルフ倶楽部】ゴルフ場予約はこちらから

=2018/02/02付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]