西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

【進め!ギラヴァンツ北九州】福田、本山選手が復帰 リーグ戦終盤に向け勢い

けがから復帰した福田俊介選手(右)。サポーターから「待ってたよ」と声が飛んだ=1日
けがから復帰した福田俊介選手(右)。サポーターから「待ってたよ」と声が飛んだ=1日
写真を見る

 1日のSC相模原戦に3-0で勝利し、連敗を2で止めたギラヴァンツ北九州。故障で調整していたDF福田俊介選手(31)とMF本山雅志選手(38)が復帰し、ミクニワールドスタジアム北九州はサポーターの歓声に包まれた。福田選手は今季初得点もマーク。リーグ戦終盤に向け、明るい材料となりそうだ。

 けがで戦線を離れていた福田選手は相模原戦に先発。5月下旬以来の出場となった。序盤から体を張ったプレーで相手の攻撃を阻むと、後半24分には3点目のヘディングシュート。サポーターが詰め掛けたスタンドに駆け寄り、喜びを爆発させた。

 昨季途中、期限付きでギラヴァンツに移籍してきた福田選手。「北九州に骨をうずめる覚悟」で今季から完全移籍した。「後ろから声を出してチームを引っ張るのが自分の役目。サポーターから『待ってたよ』と言ってもらった。残りの試合全部に勝ち、J2昇格を果たしたい」。188センチの大型DFは前を見据えた。

 昨季終盤に右膝前十字靱帯(じんたい)損傷で離脱していた元日本代表の本山選手は、後半35分に途中出場。地元出身のベテランが昨年11月以来のピッチに立つと、スタンドから温かい拍手が起きた。本山選手は「プレーは最悪だったけど、久しぶりの真剣勝負で刺激があった。練習から信頼関係を築き、ボールを集めてチームの役に立ちたい」と意欲を見せた。


=2017/10/06付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]