女子ゴルフ、日本は首位スタート 4ツアー対抗戦

 第1日、17番で笑顔を見せる笠りつ子(左)、堀琴音組=三好CC
第1日、17番で笑顔を見せる笠りつ子(左)、堀琴音組=三好CC
写真を見る

 女子プロゴルフの日本、韓国、欧州、オーストラリアの4ツアーの代表選手による対抗戦、ザ・クイーンズは2日、愛知県三好CC(6500ヤード、パー72)で開幕し、2人一組で一つのボールを交互に打つフォアサムで、2連覇を目指す日本は4組全勝の勝ち点8で首位スタートした。同4で韓国と欧州が続き、オーストラリアは同0。

 日本は笠りつ子、堀琴音組が欧州ペア、大山志保、鈴木愛組が韓国ペアを破った。

 大会はマッチプレー方式で、勝ちが2点、引き分けが1点、負けが0点。3日の第2日は2人一組でホールごとに良い方のスコアを採用するフォアボールで争う。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]