西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

★ゴルフ場紹介≪久留米カントリークラブ≫★ 左サイドの林伐採 視界スッキリ「もみじホール」誕生

8番(パー3)は左サイドを中心に樹木の剪定(せんてい)を行い、以前よりも広く、見通しが良くなった
8番(パー3)は左サイドを中心に樹木の剪定(せんてい)を行い、以前よりも広く、見通しが良くなった
写真を見る
8番のガードバンカーはあごが高く、入れてしまうとパーを取るのは困難だ
8番のガードバンカーはあごが高く、入れてしまうとパーを取るのは困難だ
写真を見る
かつてホールインワンが量産された3番(パー3)のティーグラウンド跡
かつてホールインワンが量産された3番(パー3)のティーグラウンド跡
写真を見る
旧3番のグリーングリーン跡地は芝の養生エリアとして使われている
旧3番のグリーングリーン跡地は芝の養生エリアとして使われている
写真を見る
打ち上げのホールでもプレーヤーが見やすいように14番や18番のピンフラッグは約4㍍の長尺となっている
打ち上げのホールでもプレーヤーが見やすいように14番や18番のピンフラッグは約4㍍の長尺となっている
写真を見る
食べ応え十分の海老フライ定食
食べ応え十分の海老フライ定食
写真を見る
唐揚げ定食
唐揚げ定食
写真を見る
武末貴史支配人
武末貴史支配人
写真を見る

 色づく秋に新たな名物誕生の予感! 福岡県広川町にある久留米カントリークラブ(CC)は、かめばかむほどいい味が出る「するめ」のようなホールが多い。8番(パー3)は左サイドを中心に周囲の木々を伐採したことで、今まで隠れがちだったモミジが視界に入るようになった。もともとレイアウト&ロケーションに左右されてスコアを乱しやすいホール。秋の深まりとともに、美しい「才色兼備の8番」として浸透していきそうだ。


西スポ×GDOタイアップ特別プランやご要望に応じたゴルフ場を紹介!

↓ゴルフ場予約はこちらから↓

0570-097-562


 

風通しも良好

 四つあるパー3のうち、8番だけが“陸続き”となっている。それでも右が谷のように深くえぐれており、右に曲げるとトラブル必至。逆に左はヒノキがフェアウエーに向かってせり出し、ティーグラウンドで「狭さ」を実感するホールの一つだ。それが今夏に一部の樹木を伐採し、見通しと風通しが格段に良くなった。

 「おかげでティーグラウンドからグリーンに向かって左サイドに連なっていたモミジが見やすくなりました。10月後半から色づき始め、見頃となる11月の紅葉のシーズンが楽しみです」。彩り豊かに染まる8番を想像しながら、武末貴史支配人(41)が教えてくれた。グリーンの周りにもモミジの木を配しながら、ゆくゆくは新名物ホールにしたいという。

 訪れた日は、バックティーと同じ132ヤードの表示のレギュラーティーから回った。ピンの位置はマイナス7ヤード。あごが高い手前のガードバンカーだけには入れないように武末支配人は、大きめの9Iでピン奥に乗せて楽々のパーだった。7Iを握った私の一打はグリーンに乗らず、右のエッジ。パターで寄せてパーを拾えた。樹木に囲まれたティーグラウンドでは感じにくい風にも注意が必要。風向きが同じ6番(パー3)のコンディションを参考にしたい。

 私は、この8番がアウトで唯一のパーだった。これまで何度も痛い目に遭っており、前回のラウンドで101(アウト60、イン41)をたたいた経験から決してなめたつもりはなかったが、今回もアウト50、イン49と苦しんだ。プレーに余裕が全くなく、過ぎ去る季節を惜しむように鳴くセミの大合唱が耳に入ってきたのは、インの15番(パー5)あたりだった。ガードバンカーに入れること計6度。高さ3メートルは優にある18番(パー5)では2回で脱出できず、最後は諦めて横に出すしかなかった。

 ゴルフ力を上げるのにもってこいの戦略性の高さ。良心的な料金設定で地の利の良さもあってプレー層は幅広い。加えて8番に代表される「錦秋の久留米CC」がファンの心をわしづかみにすることだろう。

日本一ホールインワンが出やすいホールだった!?約20年前まで存在旧3番 跡地は芝の養生エリア

 40年近い歴史を持つ久留米CCには興味深い逸話が残っている。約20年前まで存在した旧3番もその一つで、アウトの2番から3番に向かう途中の左手に名残がある。打ち下ろしのパー3で距離表示は約80ヤード。多い時で2週続けてホールインワンが出たこともあり、当時を知る武末支配人は「日本一ホールインワンが出やすいホールとして宣伝してはどうか、という話も出た」と振り返る。

 グリーンは受けており、ボールが戻ってカップインのパターンがほとんどだった。ある男性メンバーは「60~70ヤードを打つ感覚。ティーを高くしてSWを滑らせてスピンをかけていたね」と懐かしんでいた。ちなみにグリーンの跡地は芝の養生エリアとして活用されている。また、乗用カートが完全普及するまでは、18番をホールアウトした後にクラブハウスまでゴンドラで移動していたといい、設備の一部は現存している。

4メートルピンフラッグ 打ち上げの14番、18番

 インの14番や18番のように打ち上げのきついホールでは、セカンド地点からグリーンを確認しやすいように、一般的なタイプより2倍近く長い約4メートルのピンフラッグを使用している。旗棒は軽量でカップからスムーズに抜き差しできる。

武末貴史支配人談

 当クラブは回れば回るほど面白さを実感していただけるのが最大の特徴です。フェアウエーが決して広くなく、距離もさほどないので、落としどころに打っていかないと、普段80台のスコアで回るような人が「100たたきの刑」に処せられることもあります。プラス800円のキャディー付きだと、カートがコース内に乗り入れできるため、ご年配や女性の方も楽々とプレーできます。芝目の読みが難しい高麗グリーンの攻略法も含めて、スコアメークのアシストをお約束します。

特大海老フライ& 唐揚げ定食が人気

 「味の久留米CC」の看板に偽りはない。特大海老フライ定食(税別1700円、食事券だとプラス700円)はビッグサイズの2本のエビが印象的だ。食事券で対応できる唐揚げ定食(税別1000円)はザクザクの衣が食欲をそそり、三杯酢に漬けると、おいしさが一層増す。開場以来不動の人気を誇る名物のチャンポン(税別900円)も食事券で対応可能だ。

久留米カントリークラブ概要

 1979(昭和54)年4月開場の丘陵コース、高麗芝のワングリーン。アウトは緩やかな起伏があり、インは筑後平野に向かって打ち下ろすホールが多い。コースレートはバックティー69.5、レギュラーティー67.5

練習場

 スタート室の目の前にあり、ボールは打ち放題。日本プロゴルフ協会(PGA)ティーチングプロB級の資格を持つ山根蓉矢さん(31)によるラウンドレッスンも好評

姉妹コース

 グリーンランドリゾートGC(熊本県荒尾市)と有明CC(福岡県大牟田市)

所在地

 福岡県広川町長延1243の1

アクセス

 車の場合、九州自動車道の広川インターチェンジ(IC)から約5分でコースへ。太宰府ICからは約30分

久留米カントリークラブへの問い合わせ

 予約電話は0943(32)3131
 ファクスは0943(32)3133

=2017/09/29付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]