福岡大大濠など5回戦へ

【男子4回戦・高知小津‐福岡第一】西森(高知小津・左)に胴を決めた市原(福岡第一)
【男子4回戦・高知小津‐福岡第一】西森(高知小津・左)に胴を決めた市原(福岡第一)
写真を見る

 西日本新聞創刊140周年記念平成29(2017)年度玉竜旗高校剣道大会は第5日の28日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で2回戦の残りから4回戦までがあり、最終日に進出する64チームが出そろった。

 男子初の4連覇を狙う九州学院(熊本)が諸岡昭徳(3年)の10人抜きで勝ち上がった。3年連続準優勝の島原(長崎)、昨年3位の福岡大大濠(福岡)のほか、九州勢ではシード校の龍谷(佐賀)、球磨工(熊本)、明豊(大分)、高千穂(宮崎)などが5回戦に進出。ノーシードの小倉、嘉穂(福岡)、三養基(佐賀)、佐世保北(長崎)、三重総合(大分)、樟南(鹿児島)なども4回戦を突破した。

 29日は午前8時に5回戦が始まり、午後に出場547チームの頂点が決まる。

=2017/07/29付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]