ホークス最終決戦で先制、広島守備陣が内野フライ見失う 2回に勝ち越し、中村祐をKO

2回、2点適時打を放ちナインに迎えられる福田
2回、2点適時打を放ちナインに迎えられる福田
写真を見る

 ◆広島-ソフトバンク(18日・マツダスタジアム)

 勝ったチームが交流戦勝率1位となる最終バトルは序盤から白熱の展開となった。先制したのはソフトバンクだ。初回に4月30日以来のスタメンで起用された1番福田がバットを折りながらも内野安打で出塁すると、2死三塁から4年ぶりに4番に入った松田は内野フライ。アウトで交代…かと思われたが、広島の守備陣がボールを見失ってしまい適時内野安打となった。ソフトバンクは前カードの巨人戦から4試合連続で先制に成功。広島はその裏、エルドレッドの適時打で同点に追い付いたものの、ソフトバンクは2回に甲斐の勝ち越し打、福田の2点打などで広島先発の中村祐をKOした。

=2017/06/18 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]