パ・リーグの個人タイトルが確定 ホークスが最多6人7部門を占める

本塁打を放ったデスパイネと、後ろでポーズをまねる柳田=ヤフオクドーム、8月24日
本塁打を放ったデスパイネと、後ろでポーズをまねる柳田=ヤフオクドーム、8月24日
写真を見る

 パ・リーグのレギュラーシーズン全日程が10日、終了。各部門の個人タイトルが確定した。福岡ソフトバンクでは東浜巨投手(27)が最多勝利(16勝)、千賀滉大投手(24)が勝率第1位(.765)、岩崎翔投手(27)が最優秀中継ぎ(46ホールドポイント)、デニス・サファテ投手(36)が最多セーブ(54セーブ)。アルフレド・デスパイネ内野手(31)が最多本塁打(35本塁打)と最多打点(103打点)、柳田悠岐外野手(29)が最高出塁率(.426)に輝き、合計でパ・リーグ最多の6人、7部門を占めた。


=2017/10/10 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]