ホークス・デスパ移籍1年目で本&点2冠「ヤフオクDは打者有利」

本塁打と打点の2冠に輝いたデスパイネ
本塁打と打点の2冠に輝いたデスパイネ
写真を見る

 福岡ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ内野手(31)が、最多本塁打(35本塁打)と最多打点(103打点)の2冠に輝いた。以下は一問一答。

 -ロッテから移籍1年目、来日4年目で初タイトルとなった。

 「個人的には移籍1年目でこのタイトルを取れて、オールスターに出場してMVPにもなれて、素晴らしいシーズンだった。目標だったリーグ優勝も達成でき、自分にもチームにも素晴らしい年だったと思う」

 -本塁打や打点の目標はどれぐらいだったか。

 「数字は全く設定していなくて、優勝、チームへの貢献。あとは楽しむこと、それが自分の目標だった。成績はついてくると思って毎試合、出場していた」

 -ヤフオクドームではロッテ時代の昨季も球場別最多の8本塁打。プラス効果があるか。

 「もちろん球場の違いは大いにある。特にパワーヒッターは、千葉(ZOZOマリン)では風で打球が戻されるときもある。こっち(ヤフオクドーム)は、どっちかと言うとバッター有利だなと感じた」

 -印象に残るホームランを挙げると。

 「チームが勝ったときのホームラン。ずっと言ってきたように、自分が打ってチームが負けても意味がない。自分が打ってチームが勝てば、それはずっと残る」

=2017/10/10 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]