西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

侍ジャパンの「トノ」株が上昇中 連続スタメンの外崎が先制三塁打

【練習試合・日本ハム―侍ジャパン】4回2死一、二塁、日本ハム・清水の左前打で本塁へ送球する外崎(11月12日撮影)
【練習試合・日本ハム―侍ジャパン】4回2死一、二塁、日本ハム・清水の左前打で本塁へ送球する外崎(11月12日撮影)
写真を見る

 ◆練習試合・侍ジャパン-西武(13日・清武SOKKENスタジアム)

 稲葉ジャパン打線にあって、内外野をこなせるユーティリティープレーヤー外崎(西武)の株が上昇中だ。

 6番二塁でスタメン出場。0-0で迎えた2回1死一塁の第1打席で、西武では同僚の右腕本田から右中間への三塁打を放った。一塁ランナーの上林(ソフトバンク)を先制ホームへ迎え入れると、後続の犠飛で自身は2点目のホームイン。

 6番左翼で先発した前日12日、日本ハムとの練習試合に続き、練習試合2試合連続の安打でアピールした。

=2017/11/13 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]