ソフトB柳田、来季FA封印の3年契約 「カスみたいな選手」から名実とも超一流

年俸大幅増で契約更改した柳田
年俸大幅増で契約更改した柳田
写真を見る

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(29)が23日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季の2億6500万円から年俸大幅増の上で、出来高付きの3年契約を結んだ。自身初の複数年契約。

 今季は内川の離脱中に4番を務める働き。9月に右脇腹を痛めて離脱したものの、130試合で打率.310、31本塁打、99打点をマークし、3年連続で最高出塁率(.426)に輝いた。

 約20分のスピード交渉。会見場に姿を現した際の笑顔について問われると「いえいえ、記者さんたちがバタバタしてたんで」と、ニヤついていたわけではないとしたが、契約内容には「いやぁーすごいお金です」と素直に笑った。

 順調なら来季中に取得する国内フリーエージェント(FA)権は封印する形になる。「FAは来年できないけど、3年しっかりホークスのために。全部、日本一になれるようにやりたい」と話し「ほんと、無名というか、カスみたいな選手だったんで。そういう選手を(ドラフト)2位で指名してくれたのはホークス。バットがボールに当たらん選手を1軍で使ってくれて。感謝してもしきれん。思いをプレーや結果で恩返ししたい」と意気込みを新たにした。(金額は推定)

=2017/12/23 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]