ソフトB工藤監督が新人視察 故障防止を呼びかけ

新入団選手たちにあいさつする工藤監督(左)
新入団選手たちにあいさつする工藤監督(左)
写真を見る

 ソフトバンクの工藤公康監督(54)が23日、福岡県筑後市のファーム施設で行われている新人合同自主トレを初視察した。ウオーミングアップが終わると、ドラフト1位の吉住(山形・鶴岡東高)ら新人選手を前に訓示。「悪いところや何かおかしいなというところがあれば、すぐに(トレーナーに)見てもらう。どうやってリハビリやトレーニングをやるのかと一つずつ覚えていってほしい」とまずは故障防止を呼びかけた。24日にはヤフオクドーム内で監督・コーチ会議が行われ、連続日本一に向けて本格的に動きだす。

=2018/01/23 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]