昨季日本一のソフトBがついに8連敗 OP戦だけど… 一発攻勢も実らず

7回1死二、三塁、加治屋はヤクルト・鵜久森に逆転タイムリーを許す
7回1死二、三塁、加治屋はヤクルト・鵜久森に逆転タイムリーを許す
写真を見る

 ◆オープン戦 ヤクルト7-6ソフトバンク(18日・神宮球場)

 ソフトバンクの連敗が止まらない。福岡移転後ワーストとなっていたオープン戦の連敗を8(1分け挟む)に更新してしまった。

 初回に先発武田が山田に先制2ラン、バレンティンにソロと、2者連続弾を浴びて3点のリードを許したが、デスパイネの3打席連続アーチで逆転。さらに7回には松田と福田にソロ本塁打が飛び出すなど計5発を見舞い、7回の攻撃を終えた時点でリードを3点に広げた。

 ところが7回から2番手で登板した飯田が先頭から3連打を浴びて1死も取れずに満塁のピンチを招いて降板し、後を受けた加治屋も踏ん張れず、結局この回は4失点。再び逆転を許して逃げ切られた。

 オープン戦とはいえ、昨季の日本一軍団が黒星街道のまっただ中なのは気がかりだ。

=2018/03/18 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]