連勝ストップのソフトB、9回守備で珍事 工藤監督「アレッ?」あわやレフト無人

9回、走って左翼の守備に向かう福田
9回、走って左翼の守備に向かう福田
写真を見る

 ◆ソフトバンク1-3楽天(19日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは9回の守備スタート時、レフトが不在となる珍事が起きた。

 2点を追う8回の攻撃で「9番捕手」の甲斐に代打福田、「1番二塁」の本多に代打グラシアルを送り、守備に変更が生じていた。マウンド上の石川が投球練習を終え、球審もプレーをかけんばかりだったが、レフトは無人。

 ベンチがざわつく中、ややあってベンチから福田が猛ダッシュで飛び出した。代打からそのままレフトに入った形。走りながら周囲に何事か声を掛け、ナインはそれぞれ苦笑いを浮かべた。

 連勝が「5」でストップした試合後、この一幕について問われた工藤監督は、次のように説明した。

 「あぁ、何かちょっと、脚…どっか気になったのか分かんないけど。ちょっとテーピングか何かしてたようで…って、言ってました。フフフ。僕も分かんなかったんですけど。アレッ、何で出てこないんだろう?と思った。別に、何かあったわけでは全然ないです」

 もっとも試合後の福田に特段、脚を気にする様子はうかがえず「切り替えて、また頑張ります」と言うのみ。真相はやぶの中だ。

=2018/04/19 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]