ソフトB「4番福田」がだめ押し弾 負傷交代内川に代わり途中出場 バットでも仕事

9回1死、2号ソロを放ち、デスパイネ(左)とタッチを交わす福田
9回1死、2号ソロを放ち、デスパイネ(左)とタッチを交わす福田
写真を見る

 ◆楽天1-6ソフトバンク(15日・楽天生命パーク宮城)

 試合の途中から4番に入ったソフトバンクの福田が貴重な一発を放った。

 4点リードの9回1死。楽天菅原の高めの真っすぐを右翼スタンドへ。4月17日の楽天戦(ヤフオクドーム)での代打弾以来、約1カ月ぶりの本塁打がダメ押しの2号ソロとなった。

 この試合はベンチスタートだった福田だが、自打球で左足首付近を痛めて途中交代した4番の内川に代わって、3回途中の守備から出場。無難に一塁の守りをこなしただけでなく、バットでもきっちり仕事を果たした。

=2018/05/15 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]