西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

10番人気カネコメオスターがV 西日本スポーツ杯 【小倉】

ゼンノワスレガタミ(10)をクビ差でかわしたカネコメオスター(奥)
ゼンノワスレガタミ(10)をクビ差でかわしたカネコメオスター(奥)
写真を見る
西日本スポーツ杯を制したカネコメオスターと鮫島克駿(中央)
西日本スポーツ杯を制したカネコメオスターと鮫島克駿(中央)
写真を見る

 「西日本スポーツ杯」(3日・小倉・ダート1700メートル)は、2番手を追走した鮫島駿騎乗の単勝10番人気のカネコメオスター(牡6歳、栗東・服部)が、4角過ぎに先頭に立ってそのまま押し切った。3番手追走のゼンノワスレガタミが首差2着、1番人気の白毛馬シロニイは後方追走から向正面で早めに動いて迫ったが、3着だった。

 人気薄に反発するかのようにカネコメオスターが強い競馬をみせた。2番手を追走し、4角を過ぎてすぐに先頭に立ち、そのまま押し切った。多少展開に恵まれたとはいえ、力がなければできない芸当だ。

 「2番手でリズムよく運べましたし、道中のペースも楽でした。どんな競馬でもできるのがこの馬の強みですね。それにしても以前に騎乗した時よりもすっかり力をつけていますね」と、コンビを組んだ鮫島駿は快勝劇に目を丸くして驚いた。

 ■シロニイ出遅れ

 スタートが大波乱の幕開けだった。断然1番人気に支持されたシロニイが出遅れた。向正面から動いて、猛烈に追い上げてきたが、前も止まらず、3着に入るのが精いっぱい。単勝は7610円、3連単は20万6270円(411番人気)と大波乱の結果になった。

 「今回は4カ月の休養明けでも攻め馬は動いていたし、プラス12キロの馬体重でパワーアップしていた。道中は人気馬が後ろを走っていたので、うまく展開がはまったという感じですね。この勝利でクラスが上がって、そこでどんな競馬をしてくれるか楽しみ」と窪田助手。カネコメオスターの今後の活躍に大きな期待をかけていた。 (花岡敦史)

=2017/09/04付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]