西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

サイタスリーレッドV テレ玉杯オーバルスプリント 【浦和】

■後続突き放した

 「第28回テレ玉杯オーバルスプリント」(Jpn3・20日・浦和競馬11R・ダート1400メートル)は、JRAの2番人気サイタスリーレッドが重賞初Vに成功した。スタートを決め果敢にハナを主張。道中はリラックスして息が入り、鞍上の右ステッキに反応すると、グンと加速して後続を突き放した。

 勝ち時計は1分25秒1。2着は3連覇を狙った5番人気レーザーバレット、3着には地元・浦和の3番人気ブルドッグボスが入り、1番人気リエノテソーロは5着だった。

 それにしてもサイタスリーレッドは強かった。久々だったクラスターCこそ3着だったが、今回の勝利でダート成績は【5010】と新星誕生を印象付けた。

 このレース4連覇となった戸崎圭もパートナーの頑張りにニッコリ。「芝で乗った時からセンスを感じていました。上手にスタートしたし、二の脚が本当に速いです。今後も重賞での活躍を期待します」と言葉を弾ませた。

 目標はJBCスプリント(Jpn1・11月3日・大井・ダート1200メートル)になるが、「精神面の成長は欲しいが、1400メートルまでなら」と佐藤正師は手応えあり。出走がかなえば、面白い存在になりそうだ。

=2017/09/21付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]