西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

クイーンマンボが優勝 大井競馬Jpn2レディスプレリュード

 「第14回レディスプレリュード」(Jpn2・ダート1800メートル)は5日、東京・大井競馬場で行われ、JRAの1番人気クイーンマンボが優勝。スッと好ポジションをキープすると、上がり最速の38秒3で一気に決着をつけた。勝ち時計は1分53秒1。同馬は関東オークスに続く重賞2勝目を挙げるとともに、JBCレディスクラシック(Jpn1・11月3日・大井・ダート1800メートル)への優先出走権も獲得した。8馬身差の2着が2番人気ホワイトフーガ、さらにハナ差の3着が3番人気アンジュデジール。また、世代別牝馬重賞シリーズのグランダム・ジャパン古馬シーズンは、4着だったTCKのララベルが37ポイントで優勝を飾った。

 勝ったクイーンマンボは文句なしの強さだった。前走は芝のローズSでスピード勝負に対応できなかったが、ダートなら話は別。ルメールも「強かったね」とパートナーの奮闘に思わずニッコリだ。続けて「いいスタートだったし、リラックスして走ってくれました。いい瞬発力を見せたし、きょうは楽勝。JBCも楽しみです」と大一番への手応えを口にした。勢いを増す3歳馬が、次も古馬を圧倒するかもしれない。

=2017/10/06付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]