競馬、引退レースへ万全キタサン 有馬記念追い切り

 有馬記念の最終追い切りで、万全の仕上がりを披露したキタサンブラック=栗東トレーニングセンター
有馬記念の最終追い切りで、万全の仕上がりを披露したキタサンブラック=栗東トレーニングセンター
写真を見る

 中央競馬の年の瀬の大一番、第62回有馬記念(24日・中山11R2500メートル芝、G1)の最終追い切りが20日、東西(美浦、栗東)のトレーニングセンターで行われ、現役最後のレースとなるファン投票1位のキタサンブラックが万全の仕上がりを披露した。

 3着に敗れた前走ジャパンカップでは2週連続の併走追い切りで、今回は3週連続。栗東CW(ウッドチップ)コースで併走馬の2馬身後を追い、ピッチを上げたラスト400メートルから馬なりで外から並び掛けて余裕の首差先着だった。清水久詞調教師は「満足な追い切り。いい状態で送り出せる」と手応えを話した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]