第1戦は臼井、第2戦は保園が勝利 ヤングジョッキーSFR 【大井】

 若手ジョッキーが腕を競う「2017ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)ファイナルラウンド」が27日、大井競馬場で開幕した。第1戦の7Rは臼井健太郎(20)=船橋・凾館一=騎乗のモンドバーグ(1番人気)が、第2戦の9Rは保園翔也(22)=浦和・山越光=のネオブラヴ(1番人気)がそれぞれ勝利を飾った。暫定順位は1位が34点の臼井健太郎、2位が32点の保園翔也、3位には27点で中越琉世(19)=川崎・武井和=が入り、南関東勢の上位独占となった。注目の紅一点、藤田菜七子(20)=JRA・根本=は第1戦が11着、第2戦が9着と振るわず合計3点で12位だった。優勝騎手はきょう28日、JRA中山競馬場(8、10R)で決定する。

=2017/12/28付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]