大村中央クAと三浦中央クがV 大村LC旗少年剣道

鋭い剣さばきで攻める選手たち
鋭い剣さばきで攻める選手たち
写真を見る

 第44回大村ライオンズクラブ(LC)優勝旗争奪少年剣道錬成大会が9月22日、大村市幸町のシーハットおおむらであった。小学生団体の部で大村中央少年剣道クラブAが6年ぶり4回目、中学生団体の部で三浦中央少年剣道クラブが2年連続4回目の優勝を果たした。

 大会には市内から小学生の部に11チーム、中学生の部に8チームが出場し、抜き勝負で競った。個人戦もあり、小学生の部は163人が学年別に戦い、中学生の部では男子の部44人、女子の部14人が剣を交えた。

 団体戦の2、3位と、個人戦の優勝者、団体戦で5人以上勝ち抜いた選手は次の通り。

 【団体】小学(2)三浦中央少年剣道クラブ(3)大村剣西クラブ▽中学(2)鈴田少年剣道クラブ(3)放虎原少年剣道クラブ

 【個人】小学1年=高橋芽生(大村中央少年剣道クラブ)▽同2年=山本暁斗(三浦中央少年剣道クラブ)▽同3年=岩永修人(放虎原少年剣道クラブ)▽同4年=田添鈴太郎(鈴田少年剣道クラブ)▽同5年=一瀬幸斗(三浦中央少年剣道クラブ)▽同6年=山崎翔稀(大村中央少年剣道クラブ)▽中学男子=福田揮大(三浦中央少年剣道クラブ)▽中学女子=岩永愛花(大村中央少年剣道クラブ)

 【勝ち抜き】5人抜き=田添大晴(鈴田少年剣道クラブ)▽7人抜き=川上由貢(微神堂)▽10人抜き=中野惣介(大村剣西クラブ)▽12人抜き=高橋稜太郎(大村中央少年剣道クラブ)


=2016/10/18付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]