剣道・玉竜旗

玉竜旗 平成22年ニュース

玉竜旗・福岡大大濠(男子)など混戦

2010年07月01日 12:47
 史上最多の1455チームが参加する平成22年度金鷲旗・玉竜旗大会の組み合わせは、春の全国大会や昨年の本大会の結果をもとに計88のシード校を選んだ後、抽選で決まった。開幕は21日。福岡市のマリンメッセ福岡を舞台に展開される汗と涙に彩られた高校生の激闘が夏を熱くする。

 剣道の玉竜旗は男女各32校をシード。男子は全国の強豪が集った3月の魁星旗で優勝した九州学院(熊本)や同準優勝の龍谷(佐賀)、福岡大大濠、東福岡などが選ばれた。昨年優勝の明徳義塾(高知)、同準優勝の水戸葵陵(茨城)は今年も好チームだ。

 女子は全国選抜大会を制した阿蘇、魁星旗で優勝した筑紫台(福岡)などをシード。阿蘇は渡辺タイ(3年)、筑紫台には松本弥月(同)と、絶対的な大将がいる。昨年は準優勝の原動力となった津田佳菜子(同)が2年連続で大将に座る中村学園女子(福岡)も力がある。守谷(茨城)、東海大相模も上位をうかがう。

    ×      ×

 ◇主催 九州柔道協会、九州剣道連盟、西日本新聞社
 ◇主管 福岡県柔道協会、福岡県剣道連盟
 ◇後援 文部科学省、全日本柔道連盟、全日本剣道連盟、九州高校体育連盟、九州・山口各県、同各県教育委員会、福岡市、同市教育委員会、テレビ西日本
 ◇協賛 コカ・コーラウエスト、やまやコミュニケーションズ、東建コーポレーション、東進ハイスクール



=2010/07/01付 西日本新聞朝刊=

その他の玉竜旗 平成22年ニュース

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]