鹿実ナイン「いい緊張感」 開会式の予行演習 土の感触確かめ行進 甲子園

0802kago.jpg 第90回全国高校野球選手権記念大会に出場する鹿児島実の選手たちは開幕前日の1日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で、開会式のリハーサルに臨んだ。リラックスした表情で一歩一歩、甲子園の土の感触を確かめるように行進した。

 入場行進で、鹿児島実は出場55校中2番目にグラウンドに登場する。県大会の優勝旗を持って歩いた湊崎諭史主将は「いい緊張感がある。元気のよい自分たちの野球をしたい」。松窪岬投手も「気持ちが乗ってきました」と、大会2日目(3日)にある日大鶴ケ丘(西東京)との初戦が待ち遠しい様子だった。

 選手たちはリハーサル後、同市の津門中央公園野球場で練習にも励み、体調を整えた。

【写真】開会式のリハーサルで入場行進の練習をする鹿児島実のナイン=1日、兵庫県西宮市の甲子園球場
=2008/08/02付 西日本新聞朝刊=

【鹿児島実(鹿児島)関連記事】

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]