佐賀商野球部 「粘り強く戦いたい」 県や市に優勝報告 甲子園初戦は倉敷商

0725saga.jpg 8月2日開幕の第90回全国高校野球選手権大会に出場する佐賀商は24日、初戦の対戦相手が岡山県代表の倉敷商に決まった。佐賀商の森田剛史監督は「倉敷商の戦力はうちより上。チャレンジャーとして粘り強く戦いたい」と話した。

 佐賀商野球部の選手ら23人は同日、県庁などを訪問。川崎俊広教育長に県大会優勝を報告し、片岡大樹主将が「厳しい試合だったが強い気持ちで勝ち上がってきた。甲子園でも応援してくれる人に気持ちが伝わるようなプレーをしたい」と意気込みを語った。川崎教育長は「佐賀商業の甲子園での成績は13勝13敗。今年は白星を増やして、昨年同様、佐賀の風を吹かせてほしい」と激励した。その後、県議会の石丸博議長、佐賀市の秀島敏行市長にも優勝報告。郷土の代表として戦う気持ちを表明した。

 同校ナインは29日に甲子園へ向けて出発し、試合は大会8日目(8月9日の予定)の第1試合。

【写真】優勝報告後、川崎俊広教育長(左)と握手をする片岡大樹主将

=2008/07/25付 西日本新聞朝刊=

【佐賀商(佐賀)関連記事】

ボートレース 直前チェック予想

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]