「自分たちの野球を」 佐賀商が甲子園へ出発 JR佐賀駅

0730saga.jpg 8月2日開幕の第90回全国高校野球選手権大会に県代表として出場する佐賀商の監督、選手ら33人が29日、JR佐賀駅から甲子園へ出発した。

 駅構内であった出発式には部員の家族や学校関係者など約200人が参加。渕野恒秋駅長(52)が「今年も『がばい旋風』を期待しています。県民に勇気と感動を与えてください」と激励した。

 片岡大樹主将が「たくさんの見送りに期待の大きさを感じる。プレッシャーでもあるが、自分たちの野球をしたい」と話し、ナインらが列車に乗り込むと、同校3年の下平洋子さん(17)と森保奈美さん(17)は「悔いのない試合をしてきてね」と出発ぎりぎりまで励ましの声を送っていた。

【写真】列車に乗り込む佐賀商ナイン

=2008/07/30付 西日本新聞朝刊=

【佐賀商(佐賀)関連記事】

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]