佐賀商 左腕対策は万全 森田監督「前半が勝負」9日第2試合 倉敷商と対戦

0809saga.jpg 全国高校野球選手権大会に出場している佐賀商は9日の第2試合(午前時開始予定)で、倉敷商(岡山)と対戦する。初戦突破を誓うナインは8日、大阪府豊中市内の球場で汗を流し、攻守の調子を整えた。

 この日の練習は「初回の入り方が大事」と実際の試合前と同様、スタンドにあいさつしたり、ベンチの前で円陣を組んだりしてから始めた。

 打撃練習では、倉敷商のエース木元秀映投手を想定し、左投げを相手にした。快音を響かせた樺島賢吾選手は「ずっと対左投手の練習を積んできた。体の切れはいい」と活躍を誓った。

 古賀昭大投手は、軽く約球を投げて投球感覚を確かめ「ストライク先行で打たせて取りたい」。片岡大樹主将も「ようやく試合がやれる。初回からがんがんいく」と、共に意欲的だった。

 森田剛史監督は「木元投手は制球力があるが、打てない相手ではない。明日は前半が勝負」と気を引き締めていた。

【写真】試合前を想定して心を一つに円陣を組む佐賀商のナイン

=2008/08/09付 西日本新聞朝刊=

【佐賀商(佐賀)関連記事】

ボートレース 直前チェック予想

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]