九国大付 榎本 劇弾 九州対決制し3回戦進出

 4番が一振りで決めた! 第91回全国高校野球選手権大会は16日、2回戦4試合が行われ、九州国際大付(福岡)が樟南(鹿児島)との九州対決を制し、3回戦に進んだ。プロ注目の主砲榎本葵(2年)が同点の9回1死から右翼席へ決勝ソロを放った。先発の右腕、吉岡翔士(3年)は5回を1失点。エース左腕、納富秀平(同)が6回から4イニングを無失点で締めた。樟南は空地拓真(同)が8回1/3を2失点と力投したが、あと一歩及ばなかった。九国大付は大会第10日第4試合で、優勝候補の帝京(東東京)と8強をかけて激突する。

 クールな2年生も劇弾に興奮を隠せなかった。同点の9回1死、九国大付の榎本葵の打球が右翼ポール際に着弾すると、何度も右拳を掲げた。「恥ずかしいからガッツポーズは普段しないんですけど」。強力打線の中心に立つ男はお立ち台で顔を赤らめた。

 自然に体が反応した。「何も考えず来た球を打つことだけ考えた」。力みのない構えから、内角高めから手元で沈むツーシームを最短距離でとらえた。詰まり気味の打球は浜風を突いてスタンドへ。小林知弘主将(3年)も「やってくれると思っていた」とヒーローに感謝した。

 中学時代は2度の全国制覇。世界大会のベストナインにも選ばれた。プロのスカウト陣が「打撃センスは天才的。今すぐプロにいける」と口をそろえる。その姿をイチローに重ね合わせるスカウトもいるほどの逸材だ。

 それでも初の甲子園は特別だった。「どの球場とも違った」。緊張から初戦は5打数1安打。この試合も第1打席に外角中心に攻められ、得意の内角高めを打ち損じる屈辱を味わった。3打席目まですべて内野ゴロ。最終打席は「3年生も最後だし、このまま終われない。前の打席をなかったことにして臨んだ」。頭をリセットし、神経を研ぎ澄ました。

 九国大付に入学直後の4月から4番を任される重圧とも戦う。昨年8月は福岡大会に敗れたショックに加え、猛練習で「ご飯が食べられなかった」と77キロあった体重が10キロ減った。選抜大会出場も逃し、冬の間に筋力トレーニングなどで体重を71キロまでに戻した。「スタミナも飛距離も違う」と手応えをつかんで夏を迎えていた。

 2年生スラッガーの大仕事に、若生正広監督(58)も「参りました。よく打ってくれた」と脱帽した。3回戦の相手はV候補帝京。優勝を目指す上で、最大のヤマ場ともいえる。「投手も野手もすごいけど、好機で点を取って次も勝ちたい」。怖いもの知らずの若き主砲が強豪校も打ち砕く。
 (山根 崇)

=2009/08/17付 西日本スポーツ=

【九国大付(福岡)関連記事】


西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]