「感動ありがとう」 明豊ナイン帰郷 300人が出迎え

koushien090823.jpg 第91回全国高校野球選手権大会で、8年ぶりに8強入りした明豊ナインが22日夕、別府市のJR別府駅に到着した。出迎えた家族や在校生を含む約300人が「よく戦った」「感動をありがとう」と声を掛け、拍手でナインの活躍をたたえた。

 同駅であった歓迎セレモニーで、阿部弘樹主将(3年)は「甲子園では目標を達成することはできなかったが、みなさんの応援があってベスト8までいけました」とあいさつ。浜田博・別府市長が「多くの感動をありがとう。お疲れさまでした」と労をねぎらった。

 明豊は1回戦で興南(沖縄)にサヨナラ勝ちすると、2、3回戦で西条(愛媛)、常葉橘(静岡)を次々と下し、県勢として2年ぶりにベスト8に進出。準々決勝で、花巻東(岩手)に延長戦の末に6―7で敗れた。

【写真】甲子園から帰り、あいさつする阿部弘樹主将(中央)

=2009/08/23付 西日本新聞朝刊=

【明豊(大分)関連記事】


西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]