西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

秀岳館よく頑張った 応援団、全力プレーに拍手

試合終了後、健闘した秀岳館ナインに拍手を送る応援団
試合終了後、健闘した秀岳館ナインに拍手を送る応援団
写真を見る

 「4度目の正直」の願いは、届かなかった。第99回全国高校野球選手権大会の県代表、秀岳館(八代市)は17日、広陵(広島)との2回戦に6-1で敗れた。3季連続で甲子園4強の成績を残し、悲願の日本一を目指した今大会。最後まで打線は鋭く振り切り、投手陣も全力で投げ込んだ。応援席は逆転を信じて最後まで声援を送り続けた。

 二回表1死二塁のピンチ。中前打で二塁走者が本塁を狙うも竹輪涼介中堅手(3年)の好返球で得点を阻止した。アルプス席の応援団は立ち上がって拍手喝采。父和則さん(44)は「百回に一回のいいプレー」と顔をほころばせた。

 三、四回の攻撃は三者凡退が続き、「打ってくれ」と応援席から祈る人も。チアダンス部部長の山本杏海(あみ)さん(同)は「選手一人一人に伝わるよう、一致団結して応援する」と赤いポンポンを力強く振った。

 四回表に1点先制されるも、五回裏に8番の幸地竜弥捕手(同)がソロホームランを放ち同点に。歓喜の声が上がり応援席が揺れた。野球部の内山隆誠選手(同)は「ここからどんどん点を取ってほしい」。

 七回表に2点を勝ち越され、なお2死二、三塁のピンチで背番号1の田浦文丸投手(同)に継投。「抑えてもらうしかない」。父耕治さん(44)の期待に応え、追加点を許さなかった。

 九回、3点本塁打で突き放され、応援席から「あーっ」と叫び声が上がった。

 試合後、三塁側応援スタンドに一礼する選手たち。「よく頑張った」「お疲れさま」とねぎらいの拍手が送られた。

=2017/08/18付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]