西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

泣くな弟よ 広島の大瀬良投手、力投のエースねぎらう

遠征先から駆けつけた広島カープの兄・大地さんにねぎらわれる長崎日大の大瀬良優人投手(右)
遠征先から駆けつけた広島カープの兄・大地さんにねぎらわれる長崎日大の大瀬良優人投手(右)
写真を見る

 プロ野球広島カープの大瀬良大地投手(24)が、母校・長崎日大でエースを務める弟の優人投手(3年)の応援に駆けつけた。

 遠征地の神戸から始発の新幹線に乗り込んだが、到着したのは七回。六回に優人投手が、長崎南山の柏嘉倫選手(3年)に決勝の本塁打を浴び、降板した直後だった。「投げている姿が見られなかったのは残念だったけど、一生懸命やっているのは伝わった」と、試合後は肩を抱き寄せねぎらった。

 優人投手は自己最速の140キロをマークし力投したが「失投でした」と被弾した一球を涙ながらに悔いた。ツーシームが高めに浮いた。「兄は力で押せたけど、自分はそれができない」と分析し、習得した球種だった。卒業後は兄と同じ九州共立大への進学希望で、また兄の背中を追いかける。

=2015/07/17付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]