曽根 日本一奪回へ 全国中学駅伝きょう号砲

健闘を誓う曽根中の選手と監督とスタッフ
健闘を誓う曽根中の選手と監督とスタッフ
写真を見る
健闘を誓う浅川中の選手と監督とスタッフ
健闘を誓う浅川中の選手と監督とスタッフ
写真を見る

 第25回全国中学校駅伝は17日、滋賀県野洲市の同県希望が丘文化公園内のコース(男子6区間18キロ、女子5区間12キロ)で行われる。スタートは女子が午前11時、男子が午後0時15分。16日は同市内で開会式があった。男子で4年連続出場の曽根(福岡)は3000メートル8分38秒97の好記録を誇るエース神谷青輝(3年)を1区(3キロ)に投入。1996年以来21年ぶりの日本一奪回を誓った。

■「神谷と西垣で勝負」 曽根・山村監督

 4年連続出場となる曽根は、今年の全国中学校体育大会3000メートルで6位入賞の神谷を1区に、4区にも3000メートル8分台の西垣をエントリー。山村監督は「この2枚で勝負しようと思っている。優勝旗を北九州に持って帰るつもりです」と力強く宣言。第3、4回大会を連覇した強豪も、過去3年は入賞も逃し、昨年は26位。2年連続1区の神谷は「コースも1度は走っているし、去年の経験が生きてくる。みんなで日本一を取りたい」と意気込んでいた。

=2017/12/17付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]