田中、右腕張りで次戦の先発回避 シーズン中に復帰の見通し

 ヤンキースの田中将大投手
ヤンキースの田中将大投手
写真を見る

 【セントピーターズバーグ共同】米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が右前腕部の張りのため、26日(日本時間27日)に予定されていたブルージェイズ戦の先発を回避することが決まった。22日のレイズ戦前にジラルディ監督が明らかにした。5日間はボールを使わずに調整し、レギュラーシーズン中に復帰できる見通し。

 田中は21日のレイズ戦に先発し、6回を4失点で勝利投手となった。登板後に違和感を覚え、一夜明けたこの日に検査を受けた。患部は靱帯ではなく前腕部の手首寄りで症状は軽いという。田中は「全然心配していない。大事な時でこういうふうになってしまうのは悔しい」と話した。

Recommend

Recommend