大谷、エンゼルスに「縁感じた」 ファン公開で入団会見

 米大リーグ、エンゼルスの入団記者会見で、ユニホームを着て笑顔の大谷翔平選手=9日、エンゼルスタジアム(ゲッティ=共同)
米大リーグ、エンゼルスの入団記者会見で、ユニホームを着て笑顔の大谷翔平選手=9日、エンゼルスタジアム(ゲッティ=共同)
写真を見る

 【アナハイム共同】プロ野球日本ハムで投打の「二刀流」で活躍し、ポスティングシステムで米大リーグ、エンゼルスへの移籍を決めた大谷翔平選手(23)が9日、ロサンゼルス郊外のアナハイムの本拠地球場エンゼルスタジアムで入団記者会見に臨み「縁みたいなものを感じた。いい球団だと思ってお世話になろうと決めた。感覚的なもの。エンゼルスにしたいという気持ちが出てきた」と語った。

 会見はファンに公開され、ソーシア監督らが同席した。大谷は早速、新背番号「17」がついた真っ赤なユニホームに袖を通し、冒頭に英語で自己紹介し「ファンの皆さまとともに優勝を目指したい」抱負を述べた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]