西武、牧田のポスティング申請 米大リーグ移籍でNPBに手続き

 西武は牧田和久投手(33)が米大リーグに移籍するためにポスティングシステムの申請手続きを日本野球機構(NPB)に行ったと11日、発表した。大リーグ機構(MLB)が全30球団に通知後、譲渡金を支払う意思を持つ全ての球団が30日間交渉できる。

 ポスティング制度の今オフの利用は、日本ハムからエンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平選手(23)に次いで2人目。西武の鈴木葉留彦球団本部長は譲渡金の額を明らかにしなかったが「認めた以上、行きやすいように。全面バックアップしているつもり」と移籍の障害にはならない額に設定したことを示唆した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]