西日本新聞電子版へ

山口、9年連続60試合登板 自身のプロ野球記録更新

 巨人の山口鉄也投手が23日、東京ドームで行われたDeNA24回戦で9年連続での60試合登板を果たし、自身が持つプロ野球記録を更新した。4―5の七回1死一、三塁でマウンドに上がり、梶谷を空振り三振に抑えた。

 山口は2006年に育成枠で入団し、07年途中に支配下選手登録された。12年にプロ野球史上初の5年連続での60試合登板を達成した。今季は1勝6敗、防御率5・01。

Recommend

Recommend