日本ハムの西川、1億円でサイン 10年ぶりの日本一に貢献

 日本ハムの西川遥輝内野手が30日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、3800万円増の年俸1億円でサインした。外野手部門で初のベストナインを受賞する活躍で大台に到達し「目標というか、もらって当たり前の選手になりたい」と笑顔で語った。

 リーグ2位の打率3割1分4厘をマークし、10年ぶりの日本一に大きく貢献した。来季は登録が内野手から外野手へ変更される見通し。「打率3割は続けられるように頑張りたい」と意気込んだ。(金額は推定)

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]