スピードスケート代表に小平ら 平昌五輪へ、16人発表

 平昌冬季五輪代表に選ばれ、一礼する小平奈緒。手前左端は高木美帆=30日、長野市のエムウエーブ
平昌冬季五輪代表に選ばれ、一礼する小平奈緒。手前左端は高木美帆=30日、長野市のエムウエーブ
写真を見る

 来年2月に迫った平昌冬季五輪のスピードスケート日本代表が30日、正式に発表され、女子の小平奈緒(31)や高木美帆(23)ら、本番でメダル量産を期待される男女各8人が出そろった。

 スピードスケートで日本女子はこれまで銀メダルが最高。昨季から国内外で24レース無敗の500m、世界記録を持つ1000mで金を有望視される小平は「これまで積み上げてきたものを出し切る」と決意を述べた。

 高木美は今季W杯で4戦全勝の1500mなど個人3種目と世界記録を連発した団体追い抜きで選ばれた。

 男子500mで2010年バンクーバー大会銅の加藤条治(32)は4大会連続出場となる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]