平昌、開会式に竹島入った統一旗 北朝鮮応援団が持ち込み

 【平昌共同】北朝鮮が韓国・平昌冬季五輪に派遣した応援団が9日の開会式の会場で、島根県の竹島(韓国名・独島)が入った「統一旗」を振った。同じく韓国入りしている「三池淵管弦楽団」も8日の公演で「独島もわが祖国」との「替え歌」を披露。日本との領土問題を通じ、韓国の人々に南北の団結心を鼓舞する意図とみられる。

 韓国政府は、開会式など国際オリンピック委員会(IOC)が関わる行事では竹島の入っていない統一旗を使う方針。一方、北朝鮮応援団が竹島入りの統一旗を持ち込むのを制限できなかったとみられ、日本政府が問題視する可能性がある。

ボートレース 直前チェック予想 これを買え!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]