最新記事

 17日(決勝戦)
 小倉競輪のミッドナイトF2「ケイドリームス杯争奪戦」は最終日の17日、7Rで決勝戦を争い、野村典嗣が6番手捲りで今年3度目のVを挙げた。
 先行したのは多田晃紀-高津晃治の岡山コンビ。単騎の萩谷直正がこれを追い、4、5番手に瓜生崇智、川島勝の九州勢で、野村典嗣-外山三平は6、7番手で最終周回へ。
 まず中団の瓜生が2角から仕掛けて前団を捲り切ったが、野村が快スピードで捲り追い込み、直線で鋭く伸ばしてゴール直前で瓜生を捕らえた。瓜生が2着、野村を追った外山が3着。
<次回ミッドナイト開催>
4月28~30日(A級1、2班戦)

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]