小池知事「国内で結論まとめる」 バレー会場見直し

 記者会見する東京都の小池百合子知事=2日午後、都庁
記者会見する東京都の小池百合子知事=2日午後、都庁
写真を見る

 東京都の小池百合子知事は2日の定例記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックのバレーボール会場計画見直しについて「バレーのためだけに(4者協議を)行うことは考えにくい。先に国内的にまとめていく」と述べ、大会組織委員会などと結論を出す考えを示した。

 バレーボール会場は11月29日の都、国際オリンピック委員会(IOC)など4者によるトップ級会合で、有明アリーナ(江東区)の新設か、既存の横浜アリーナ(横浜市)に変更するか決まらず、判断を先送りした。

 小池知事は「IOC関係者はクリスマスの1週間か10日前に休暇に入るので、早いうちに答えを出したい」と話した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]