J1鳥栖、最新流水プール導入へ ホークスも使用 Jクラブ2例目

ソフトバンクのファーム施設にある流水プール
ソフトバンクのファーム施設にある流水プール
写真を見る
佐賀県鳥栖市の北部グラウンドに建設中のプール。右奥はクラブハウス
佐賀県鳥栖市の北部グラウンドに建設中のプール。右奥はクラブハウス
写真を見る

 J1サガン鳥栖の練習拠点になっている佐賀県鳥栖市の北部グラウンドで最新のトレーニング用流水プールが建設されている。体力強化やリハビリの効果に定評があり、プロ野球福岡ソフトバンクも導入済み。鳥栖関係者によると、JリーグではJ1神戸に次いで2例目という。3月末に完成予定。リーグ屈指の運動量で悲願のタイトル獲得を目指す選手たちをサポートする。

 クラブや同県によると、プールは長さ約64メートル、幅約35メートル、水深約2.1メートルで、総事業費は約7200万円。2015年までに同県へのふるさと納税で集まった寄付金を活用する。強さを機械で調節できる人工的な水流の中で歩いたり泳いだりすることで、体に負荷をかけることができる。

 鳥栖は17年に1試合平均走行距離でJ1最長の114.1キロをマークするなど、ハードワークを武器に12年からJ1に残り続けている。プールの導入には自慢の運動量を維持する狙いがあり、脚のけがで走れないときに心肺機能を高める効果も見込める。けがから回復した選手は、その後に走り込みなどで体力強化を図っているが、プールの導入後はリハビリと並行して行えるだけに、復帰が早まる可能性も高まりそうだ。 (末継智章)

=2018/01/06付 西日本スポーツ=

ボートレース 直前チェック予想 これを買え!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]