サガン鳥栖 伊藤の得点力に期待 「25メートルの距離でもゴール狙う」

J1鳥栖のフィッカデンティ監督(左から2人目)と新加入の伊藤(右端)ら3選手
J1鳥栖のフィッカデンティ監督(左から2人目)と新加入の伊藤(右端)ら3選手
写真を見る

 J1サガン鳥栖は14日、佐賀県鳥栖市の市民文化会館でサポーターに向けた今季の新体制発表会を開いた。ドイツなど欧州で育った元U-17(17歳以下)日本代表のMF伊藤遼哉(19)ら3人の新加入選手を迎え、マッシモ・フィッカデンティ監督は「鳥栖に来て3年目で就任当初より平均年齢で4~5歳若返った。成長していく可能性を持っている」と若いチームへの期待を口にした。幼稚園時代にサッカーを始めた伊藤は「小さいころからポジションはトップ下。どんどんゴールを狙っていきたい」と前線での活躍を誓った。

 ゴールハンターを夢見て、伊藤は欧州からJリーグに殴り込んだ。「25メートルの距離でもゴールを狙う。それが僕のプレースタイル。シュートを打たないことにはゴールを決められない」。サッカー選手として自らに求める姿は明確だ。

 ユース世代で日本代表経験を持つが、日本のクラブでのプレー経験はない。ドイツの強豪、バイエルン・ミュンヘンのユースチームなどで育ち、昨年11月に招かれて練習に参加したことをきっかけに、鳥栖でJリーグに挑戦する道を選んだ。

 トップ下として定着していた鎌田大地が昨季途中からドイツ1部リーグに挑み、長くエースとして引っ張ってきた豊田陽平が今季から韓国リーグへ移籍。攻撃に新たな要を求める鳥栖にとって、大きな可能性を持つ19歳は魅力だ。

 「中盤の前(の位置)で特徴の出る選手」とフィッカデンティ監督もみる。欧州での経験や鳥栖のチームスタイルを踏まえ、伊藤は「1対1の競り合いの強さが必要だし、もっと走れる選手になりたい」と成長を期しながら「東京五輪にも出たい」と世代代表への復帰も目標に据えている。 (安部裕視)

 ◆伊藤遼哉(いとう・りょうや) 1998年5月2日生まれ。東京都出身。小学1年からオーストラリアで過ごし、FCチューリッヒU-13(スイス)から欧州のクラブでプレーし、ドイツのバイエルン・ミュンヘンU-15、同U-16などを経て今季から鳥栖へ。2014年にU-16日本代表、15年にU-17日本代表。180センチ、70キロ。

=2018/01/15付 西日本スポーツ=

ボートレース 直前チェック予想 これを買え!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]