伊万里が21世紀枠で初甲子園!磁器の町から…市の「目指せ」プロジェクト実る

センバツ初出場決定の連絡を受ける伊万里の犬塚加代子校長
センバツ初出場決定の連絡を受ける伊万里の犬塚加代子校長
写真を見る

 第90回記念選抜高校野球大会(3月23日から休養日を含む13日間・甲子園)の出場36校を決める選考委員会が26日、大阪市の毎日新聞大阪本社で行われ、戦力以外の要素を加味する21世紀枠で九州地区から伊万里(佐賀)が選ばれた。春夏を通じ甲子園初出場となる。同枠での九州・沖縄からの出場は2014年の大島(鹿児島)以来で佐賀からは初。佐賀県勢の選抜大会出場は07年の小城以来11年ぶり。

 伊万里は昨秋の佐賀大会で準優勝し、九州大会に1950年春以来2度目の出場。初戦で沖縄尚学に敗れた。磁器「伊万里焼」で知られる所在地の伊万里市が2013年に「『目指せ!甲子園』プロジェクトチーム」を発足させるなど、地域を挙げての活動が結実した。

=2018/01/26 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]