ペレ氏「悲劇的な損失」 ネイマールも悲報を嘆く

 【ロンドン共同】ブラジル南部を拠点とするサッカーチーム、シャペコエンセの選手らが搭乗していた航空機がコロンビアで墜落した事故を受け、南米サッカー界のスター選手が29日、悲しみのメッセージを寄せた。各国のクラブチームでは黙とうがささげられた。

 英スカイスポーツによると、サッカーの「王様」と呼ばれる元ブラジル代表のペレ氏は「ブラジルのサッカー界は悲しみに暮れている。何という悲劇的な損失だろう」と追悼の意を表した。ブラジル代表のエース、ネイマールは「とても信じられない」と嘆いた。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]