事故チームに名門クラブの支援 期限付き移籍、ブラジル

 【リオデジャネイロ共同】ブラジル南部を拠点とするサッカーチーム、シャペコエンセの選手らが搭乗していたチャーター機がコロンビア中部メデジン近郊で墜落した事故で、ブラジルの複数の強豪チームが所属選手を期限付きで移籍させる意向を示すなど支援に乗り出した。有力紙グロボ(電子版)が29日伝えた。

 支援を表明したのは、ブラジルの名門コリンチャンスやフルミネンセ、サントスなど10チーム以上。連名の声明によると、各チームは2017年シーズンの間、所属選手を無償で期限付き移籍させる方針という。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]