50歳でのJリーグに意欲 元日本代表の三浦知良と中山雅史

 東京都内でのイベントに出席し握手を交わすサッカー元日本代表の三浦知良(左)と中山雅史
東京都内でのイベントに出席し握手を交わすサッカー元日本代表の三浦知良(左)と中山雅史
写真を見る

 サッカー元日本代表FWの三浦知良(横浜FC)と中山雅史(アスルクラロ沼津)が1日、東京都内でのイベントに出席し、ともに50歳を迎える来年も現役としてJリーグでプレーする意欲を語った。今季J2で最年長得点記録を更新した三浦は「スタメンで出てゴールを挙げることが一番身近な目標」と述べた。

 中山は昨年9月に現役復帰してから公式戦出場がない。チームがJ3に新加入する来季へ「選手でやるかどうかは相談しながら考えないといけないが、やるならチームの力になりたい」と前向きに話した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]