西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

南米3大統領がW杯に立候補表明 30年のサッカー、共催目指し

 2030年のサッカーW杯共催を目指す南米の3大統領。左から2人目がアルゼンチンのマクリ大統領。右へパラグアイのカルテス大統領、ウルグアイのバスケス大統領。左端はFIFAのインファンティノ会長=4日、ブエノスアイレス(アルゼンチン大統領府提供、AP=共同)
2030年のサッカーW杯共催を目指す南米の3大統領。左から2人目がアルゼンチンのマクリ大統領。右へパラグアイのカルテス大統領、ウルグアイのバスケス大統領。左端はFIFAのインファンティノ会長=4日、ブエノスアイレス(アルゼンチン大統領府提供、AP=共同)
写真を見る

 南米のアルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイの大統領は4日、ブエノスアイレスの大統領府で共同声明を発表し、2030年サッカーワールドカップ(W杯)の共催を目指すと表明した。アルゼンチンのマクリ大統領は、アルゼンチンで6会場か8会場、ウルグアイとパラグアイで2、3会場を想定していると明らかにした。

 30年W杯は、欧州連盟のほかに、中国も立候補に意欲を持っているとされている。(AP=共同)

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]