五輪の遺産継承でも協力 中韓、施設活用に関心

 【平昌共同】スポーツ交流を通じた平和共存の努力を確認する「平昌宣言」を採択した日中韓3カ国のスポーツ行政担当相は23日、今後3カ国で続く五輪・パラリンピックに向けて、大会後の競技施設の活用など「レガシー(遺産)」の継承でも協力していくことで一致した。

 韓国北東部の平昌で同日行われた3カ国担当相会談に出席した松野博一文部科学相が明らかにした。2018年に平昌、22年に北京で冬季五輪を開催する韓国と中国は、日本の大会後の施設利用状況に高い関心を示し、3カ国による共同研究を提案してきたという。

Recommend

Recommend