国際体操連盟に渡辺新会長 五輪競技で卓球荻村氏以来

 国際体操連盟の次期会長選に当選し、喜ぶ日本協会の渡辺守成専務理事=19日午前、東京都内のホテル
国際体操連盟の次期会長選に当選し、喜ぶ日本協会の渡辺守成専務理事=19日午前、東京都内のホテル
写真を見る

 国際体操連盟(FIG)は19日、東京都内での総会で会長選を行い、日本協会の渡辺守成専務理事(57)が当選した。アジア人初で、五輪実施競技の日本人の国際連盟会長は1994年に死去するまで国際卓球連盟のトップを務めた荻村伊智朗氏以来。任期は2017年からの4年間。投票では欧州体操連合のジョルジュ・グルゼク会長(68)=フランス=に圧勝した。

 国際スポーツ界では近年、日本の影響力低下が課題となっていた。日本人の国際連盟会長が誕生し、存在感が増すことで20年東京五輪へ向けても期待が広がる。当選のあいさつで新会長は「会長になれたことを誇りに思う」と話した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]