東都野球、日大が20日にも優勝 亜大破り勝ち点4

 東都大学野球リーグ第7週第1日は19日、神宮球場で2試合が行われ、首位の日大は雨で順延されていた亜大との2回戦を延長十四回、3―1で制して連勝で勝ち点4とした。日大は20日に2位の東洋大が国学院大に敗れると2004年春以来の優勝が決まる。亜大は3連覇を逃した。中大は専大との1回戦を5―1で先勝した。

 日大は十四回2死二塁から八田が決勝2ランを放った。中大は一回に3点を先制し、鍬原が完投した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]