7歳牡馬ホッコータルマエが引退 史上最多のG1で10勝

 ホッコータルマエ=3月
ホッコータルマエ=3月
写真を見る

 2014年のチャンピオンズカップなど史上最多となるG1で10勝(うち地方9勝)を記録したホッコータルマエ(7歳牡馬、西浦勝一厩舎)が30日、脚部不安のため引退することが決まった。

 同馬は12月4日のチャンピオンズC(中京)に向けて順調にトレーニングを積んでいたが、11月29日のけいこ後に脚部不安の症状を見せ、この日の追い切りを取りやめた。引退レースの予定だった12月29日の東京大賞典(大井)も出走せず、種牡馬となる。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]